ブランクのある看護師の復職

≪ブランクのある看護師の復職≫
看護師は3年のブランクがあると、一から勉強し直さなければいけないと言われる職業です。
復職後はわからないことが多いでしょうし、再度勉強しなければいけないこともたくさんあるでしょう。
まず復職する前に、基本的な看護技術や知識などの研修を受けておきましょう。
現場を離れていると、以前は簡単にできていたことでも、いつの間にかできなくなってしまっていることも多いのです。

≪復職支援の研修制度≫
2006年に7対1入院基本料が導入されてからは、復職支援制度を充実させる病院が増えてきました。
具体的には、採血や点滴のルート確保方法の確認や感染管理、電子カルテや医療機器の扱い方などを
教えてもらえるので、復職するにあたっての不安を解消するのに大変役立ちます。

このような研修制度がある病院は、大きな総合病院である場合が多くなっています。
もし自分が希望する職場に復職支援の研修がなかった場合は、
看護師の転職支援サイトで復職支援セミナーを開いているところもありますので、
是非そういう機会を積極的に利用してみましょう。

また、ブランクのある看護師の復職先としておすすめなのが介護施設です。
介護施設は、基本的に治療が必要ないけれど、在宅での生活は困難な方が入所されていますので、
基本的に医療行為はあまり行いません。
介護施設での看護師の主な仕事は、利用者の健康管理です。
具体的には、バイタルチェックを行ったり、薬の管理や配薬、褥瘡や皮膚トラブルの処置などです。
これらの仕事は、ブランクがあって看護技術に自信のない人でもできることばかりですので、
医療行為の多い病院やクリニックと比べると安心して復職できます。

>> キャリアアップ



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。