看護師の夜勤アルバイト求人

≪看護師の夜勤アルバイト求人≫
現代はどこでも看護師が不足している状況が続いており、特に夜勤の看護師が不足している病院が多くなっています。
以上のことから数多くの病院が夜勤専門のアルバイト求人を出しています。

内科系や外科系の一般病棟はもちろんですが、精神科病棟や介護老人保健施設などの
介護施設でも夜勤アルバイトの求人があります。
その他にもICUなど集中治療系の病棟や救急外来でも夜勤の看護師が足りずに、
アルバイトの看護師を募集しているところもあります。

夜勤のアルバイトの経験がはじめてだったり、少ない場合は、
自分が常勤として働いている診療科に近い分野でアルバイトにすることをおすすめします。
日頃からなれている仕事であれば、知識や技術的な部分も同じになりますので、
精神的な負担が少なくなり、プレッシャーも軽減されます。

上記とは、まったく逆な発想ですが未経験の診療科にあえてチャレンジしてみるというのも手です。
それは興味はあるが、経験のない診療科に実は転職してみたいと考えている場合に有効です。
興味のある診療科に未経験のまま常勤として転職・挑戦した場合、思っていたものと違い、 「こんなことなら転職しなければ良かった」と実は転職に失敗してしまう可能性もあります。そうなってから後悔しても遅いので 夜勤のアルバイトで転職希望の診療科を経験してから転職すれば、失敗する確率は減るでしょう。

≪介護施設の夜勤アルバイト≫
最後に、夜勤アルバイトで体力的に最も負担が少ないのは介護施設です。
介護施設は、「治療をする場所」ではなく、「利用している方の生活の場」なので、基本的に医療行為をしません。
体位交換やおむつ交換、排泄介助などは介護士さんが行うことが多いので、
病棟での仕事に比べると体力的な負担は少ないケースが多いです。

>> 夜勤アルバイト相場



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。