夜勤専従看護師のメリット

≪夜勤専従看護師のメリット≫
夜勤専従看護師は、求人情報の中でも人気の求人になっています。
なぜ夜勤専従は人気があるのでしょう。それは第一の理由として「高い給与」がもらえることがあげられます。

夜間、深夜勤務手当てが加算されるため、通常の交代制勤務を行っている看護師に比べて高くなっています。
特に、救急病院などにおいては、更に高給与であることが大半です。

夜勤専従の看護師は、1回の夜勤の拘束時間が長いため、1ヶ月あたりの勤務日数も必然的に少なくなります。
夜勤専従看護師の勤務日数は、多くの病院でおおよそ月に9回まで、144時間と決まっていますので、
一般の看護師が月に20日ほど働くことを考えると、かなり少ないと言えます。
少ない勤務でより多くの収入を得られるというのが最大のポイントでしょう。

上記のような特徴を考えると、夜勤専従の看護師は毎月、多くの自由な時間を持てるので、
趣味や休息などにその時間を使うことも出来ますし、資格取得などを考えている方は、
その準備などにも時間を利用出来ます。

また、夜勤専従の看護師は家庭や育児との両立という面でも相性がよいので、
育児中の看護師の多くが夜勤専従として勤務しています。
更に病院などの医療機関は、夜勤の出来る看護師を獲得するために条件を良くしていますし、
求人も最優先で行っているのでかなり転職にも有利といえます。

ただ、夜勤専従看護師は勤務する施設により仕事の内容や生活パターンが大きく異なってくるため、
だれにでも向いている仕事ではないので注意が必要です。
夜勤専従を希望する場合は、事前にしっかりとした情報収集を行う必要があります。

≪夜勤専従で働く時は、常勤それとも非常勤≫
常勤と、非常勤で、看護師の仕事を比べると、業務内容には差はありません。
ですから、「どういう働き方をしたいか」という点が、常勤と非常勤を選ぶときのひとつのポイントといえます。
給与や、保証、福利厚生で選ぶなら「常勤」育児、ライフワーク重視であれば「非常勤」という感じになります。
≪看護師の勤務体制≫
常勤と、非常勤で、看護師の仕事を比べると、業務内容には差はありません。
ですから、「どういう働き方をしたいか」という点が、常勤と非常勤を選ぶときのひとつのポイントといえます。
給与や、保証、福利厚生で選ぶなら「常勤」育児、ライフワーク重視であれば「非常勤」という感じになります。
3交代制:日勤(8:00~16:30)、準夜勤(16:00~0:30)、深夜勤(0:00~8:30)
2交代制:日勤(9:00~18:30)、夜勤(18:00~9:30)(注:1例です。施設により違います)
他にも変則勤務(早出、遅出)を組み合わせている病院もあります。
>> 夜勤アルバイト



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。