夜勤のお役立ち情報

≪夜勤の楽な職場と大変な職場≫
夜勤が大変かは病院が救急病院かどうかが大きなポイントです。
救急病院ですと、夜間でも救急搬送、緊急入院がありますし、
病棟は重症な患者さんも多くなるので、日常的な決まった業務以外の仕事も多くなる傾向になります。
そのため、仕事量が多く忙しい夜勤になるため、体力的にもきついですし、重症な患者さんが多いことで、
精神的な負担も大きくなります。

また、夜勤が大変になるかどうかは、排泄介助やオムツ交換、体位交換が必要な患者さんが
多いか少ないかで大きく変わってきます。
自立歩行できる患者さんが多い病棟では、排泄介助や体位交換の必要がありませんので夜勤も自然と楽になります。
また寝たきりの患者さんが多い場合でも、介護士さんと一緒に夜勤に入る病院の場合は、
これらの仕事は介護士さんの仕事ですので看護師の負担はかなり軽減されます。
自立患者さんの多い精神科病棟や介護士さんがいる病棟や介護施設などの夜勤は、体力的に楽な傾向になります。

夜勤をするなら、皆さんは少しでも楽なところで働きたと考えていると思います。
もし転職する時に、夜勤が楽なことを希望条件にする場合は、やはり看護師専門の転職支援サービスを
利用するのが一番良い方法です。

≪転職支援サービスを利用≫
夜勤が楽かどうかを判断するには、入院患者の傾向や介護士の有無など内部事情をどうしても知る必要があります。
個人ではこのような情報を得るのはとても難しいと思います。
転職支援サービスを利用すれば、病院の情報を把握しているので夜勤が楽な職場を紹介をしてくれるでしょう。

>> 夜勤手当の相場



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。