看護師退職理由

≪退職理由の話し方≫
面接時に意外と説明に困るのは、退職理由だという看護師の方が多いようです。
ここでは退職理由別に、どういう言い方が一般的か解説していきます。

人間関係が理由で辞めた場合
他に転職理由があれば、できるだけ人間関係には触れないようにしましょう。
どんなに相手が悪い場合でも、あなたの性格や対人能力に問題があると誤解されてしまったら損をしてしまいます。
出来るかぎり人間関係のことついては触れず、「他にチャレンジしたい仕事ができた」など
全然違うポジティブな話をするように心掛けましょう。

結婚を機に退職した場合
結婚を機に退職した場合は、また働けるようになった理由を伝えましょう。
働けるようになった理由としては「育児に一区切りついた」「日勤のみなら働けるようになった」などがよいでしょう。

スキルアップのために辞めた
「やりたい内容」「なぜ前の職場ではそれが実現できなかったのか」も説明するように心掛けましょう。

忙しいから辞めた場合
残業時間が長い、雑務が多くて看護業務に手が回らないなど…
「忙しい」にもいろいろな種類があります。
ただ「忙しいから」と言うと、単に楽な病院に行きたがっていると思われる危険性があるので、
看護業務にもっと専念したいなど、プラスへの言い換えが非常に大切になります。
「勉強会」や「委員会」が多すぎたなどとは言わない方が無難だと覚えておきましょう。

体調を壊して辞めた場合
「症状・診断結果・通院中かどうか・服用中の薬」などは具体的に話しをしましょう。
腰痛やうつなどの症状は、業務に差し支えがあると思われてしまうことが多いようです。
病気・症状は、変に隠そうとせず、具体的に話しをして、その病院での勤務に支障が出ないか、
判断をゆだねた方がよいでしょう。

配偶者の転勤で辞めた場合
今後の転勤の可能性も含めて伝えましょう。
病院側としては、あなたがどのくらいの期間働いてもらえるのかが気になります。
今後、転勤する可能性がないのであれば、「もう転勤は当面ないと思います」と伝えた方が印象が良いでしょう。
もし再び転勤の可能性がある場合は、あらかじめ打ち明けておく方がよいでしょう。

親の介護が必要になり辞めた場合
再び働けるようになった理由や、今後も介護が必要にならないかを含めて伝える。
これも、おそらく症状や、今後同じ理由で退職する可能性があるかどうかを聞かれる可能性があります。
質問を受けた場合、「日勤なら働けるようになった」など、納得させられる説明を事前に用意しておいた方がよいでしょう。
>> 看護師内定後の流れ


当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。