看護師面接のコツ

面接の時に、面接官から好まれる3タイプの傾向があることをご存知ですか?
聞かれたことに的確に答えられる人
声が大きくはっきりと答えられる人
自己分析が上手く、自分の考えをしっかり語れる人
つまり、面接官の質問に的確にはっきりわかりやすく答えられることが重要です。

≪面接の極意は≫
「いかに自分がこの病院にふさわしいか」をわかりやすく伝えることが全てです。

■自己紹介(自己PR)
自分の性格(長所・短所も)
なぜこの病院に応募したのか
何の科目を経験してきたか
転職(退職)の理由

これらの話題の中で、いかに自分をアピールできるかが、面接突破のカギになります。
どうすれば評価されるのか?面接突破に必要な4つのポイントをご紹介します。
事前に話す内容を準備しておけば、面接突破は難しくありません。

【説得力】
履歴書に書いた志望動機を元に面接官を納得させる説明を行うことを心掛ける。
面接官になぜ自分がこの病院に必要なのかを説得することも出来るはずです。

【予備知識】
あらかじめ面接を受ける病院のホームページや資料をチェックしておきましょう。
事前に病院のことをある程度理解してないと、相手を納得させる答えは用意できません。
とっさの質問に答えられない可能性もあります。リスクは最小限にしておきましょう。

【話し方】
相手の目を見て、大きな声ではっきりとはなしましょう。
話し方を工夫するだけで、同じ内容でも、さらによい印象を相手に与えることができます。

【答え方】
聞かれたことに対して結論から明確に簡潔に答えることが重要です。
質問された内容にまず結論を言ってから、次にその理由を説明するよう心がけましょう。
この方法で話しただけで、話したい内容が何倍も相手に伝わりやすくなります。
もしも、すぐに答えが浮かばないときは、少し黙って考えをまとめてから話をすように心がけましょう。
無理にしゃべると支離滅裂になってしまう恐れがあるので、焦らず考えをまとめてから答えるようにしましょう。
                    
内定確率をアップさせるには・・・
★自分の目標ややりたいことが、その病院の特徴や実態と合致していると思わせる
★やる気や熱意を伝え、この病院で働いているあ自分の姿を想像させる
★病院のことを「よく調べているな」と思わせる事前準備が重要になります。
                     
もし面接中に内定を通知されたら・・・
何があってもこの病院に入りたい、と思っている人は別として、
少しでも不安材料や他に比較検討したい病院があった場合は、焦って即断する必要はありません。
「ありがとうございます。少し考えさせて頂いて、こちらから改めてお返事をさせていただきたいと思います」
といったん持ち帰る旨を伝えても構いません。
「家族とも相談をしてから・・」と言うのも無難な回答になります。


当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。