面接の流れを確認

≪面接当日≫
面接日は病院に到着した時点から、すでに面接が始まっていると思って行動して下さい。
受付や廊下で関係者に何か悪い印象を与えてしまったら、そこから人事担当者に話が行くことも考えられます。
携帯の電源も必ず切るようにして下さい。

≪受付≫
病院に到着して受付では下記のように尋ねましょう。
「本日○時から面接をお願いしている○○と申します。どちらへお伺いすればよろしいでしょうか?」
もし遅刻しそうな場合は事前に必ず連絡を入れます。受付には約束の10分前くらいに向かいましょう。

≪待機・応接室へ≫
場合により応接室に案内される前に少し待機させられることもあります。
待機場所に、もし椅子があったとしても、勝手に座らずに邪魔にならないように姿勢よく立っていましょう。
態度や姿勢などを見られている場合もありますので、油断しないようにしましょう。
また、すれ違う人などには必ず明るい表情で挨拶をしましょう。

≪面接官入室≫
応接室に通されたら、面接官がやってくるまで再び待機します。
特に座る場所を指示されなかった場合には、下座(入り口に近い席)で立って待ちましょう。
面接官が部屋に入ってきた際は、「初めまして、○○です。よろしくお願いします」と必ず立ったまま挨拶をします。
しっかり面接官の方を向いてお辞儀をします。
「お掛けになってください」と勧められたら、はじめて「失礼します」と言って座ります。
このとき、「本日はお忙しい中、お時間を頂きありがとうございます」と重ねてお礼を言えば更によいです。

≪面接開始≫
面接は大きく前半と後半にわかれていると認識しておきましょう。
【前半】
履歴書を事前郵送していない場合は、まず最初に履歴書と看護師免許のコピーを渡します。
履歴書・職務経歴書に沿ってこれまでの経歴やスキルに関して説明します。
自分の長所や実績、志望動機などを説明します。合否を左右する自己アピールの時間です。
【後半】
今度は病院側が話す番になります。病院や病棟に関する説明をひととおり行います。
あなたからの質問に答える質疑応答の時間になります。何か聞きたいことがあれば確認しましょう。

≪受付≫
病院見学
看護部長が案内する場合もありますが、一般的には副部長や秘書などが院内を案内してくれます。
実は病院見学が選考基準になっているケースもあるので、最後まで油断せずに積極的に質問しましょう。
勤務中の看護師や患者さんの邪魔にならないよう気をつけて、スタッフとすれ違う時などは挨拶をしましょう。

≪終了≫
見学が終わったら、面接は終了です。
担当の人が見送ってくれた場合は「本日はありがとうございました」と
挨拶してから病院を後にするようにしましょう。
                    
≪面接時の持ち物リスト≫
応募書類(履歴書、看護師免許のコピーなど)
病院の資料や地図
筆記用具(シャープペン、ボールペン、消しゴム)
メモ帳または手帳
印鑑
履歴書のコピー
>> 看護師面接のコツ


当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。