職務経歴書の書き方

職務経歴書はあまり一般的ではありませんが、
ここでは看護師さんの職務経歴書の書き方をご紹介します。

看護師として働いてきたあなたの職歴(いつ、どこで、どのような仕事をしていたか)を説明するものです。
看護師の職務経歴書は、今までのあなたの経歴が確認できさえすればよいという程度の書類と思って下さい。
履歴書の経歴欄をほんの少しだけ詳しく書く程度で構いません。
職務経歴書はあなたの職務経歴が最低限確認できる書類だと考えておけばよです。

用紙もコンビニで売っている用紙(無ければ市販の履歴書に付録としてついているもの)で大丈夫です。
パソコンを使用せずに手書きで書くほうが印象がよいでしょう。

≪職務経歴書の書き方≫
意外な経験が評価される場合もあります。
プリセプターやリーダーの経験などのマネジメント経験
委員会や各種教育の経験
大切な業務を任された経験などが書いてあると、とても効果的です。
夜勤経験者は夜勤ができるアピールとして配属先の横に「2交代(3交代)勤務」と記載してもよいです。

履歴書同様、下書きをして書きたい内容をあらかじめまとめておきましょう。
卒業後の経歴を順に書いていきます。

書く内容は「いつからいつまで、どこに勤めていて、そこで何をしていたか」です。

在籍期間と配属先と経験科目がわかり、さらにあなたの能力の伝わる内容がベストな状態になります。
入職した病院名・配属先・業務内容・退職理由をそれぞれ1行ずつワンセットにして、
「何年何月に○○○○○○」と過去から順に書きましょう。
プリセプターやリーダーの経験などのマネジメント経験
委員会や各種教育の経験
その他、大切な業務を任された経験といった内容は職務経歴書の中に書いてあると、
だんだん実力がついていった様子が伝わり、とても効果的です。
また、夜勤経験者は夜勤ができることをアピールするためにも、
配属先の横に「2交代(3交代)勤務」と書いておきましょう。
≪自己PRを書く≫
「自分は何ができるのか」「自分はこんな人間です」といったアピールをするところです。
面接を受ける病院が何を求めているのか、「自分がここに入職したら、具体的にこんな風に活躍できます」という
ような観点からいろいろ考えると、イメージがわいてきて書きやすくなります。
>> 面接の流れを確認


当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。