履歴書を書く時の注意

履歴書のポイントは、自分自身と自己PRをわかりやすく整理して書き記すことがポイントです。
読んだ相手が不快になる内容や、自分にしかわからないような内容がないか気をつけて書いて下さい。

≪履歴書の注意ポイント≫
下書きが大切
履歴書をミスなく1回で完成させられるのは非常に難しい作業です。
まずはパソコンや別の紙などに、書きたい内容をまとめた下書きを用意しましょう。

手書きが基本
履歴書は手書きで記入することが最低限のマナーになります。
筆記具は、黒いボールペンかサインペンを使用して下さい。
丁寧に記載してあれば、字の上手・下手は関係ないので気にしないで大丈夫です。
書いた内容がしっかり相手に伝わるようにすることが印象アップのポイントです。

修正液や訂正は不可
誤字や脱字をしてしまったら、面倒でも新しい用紙を使いましょう。
修正液や修正テープはマナー違反にあたります。
鉛筆で下書きをしてからペンでなぞるのも良い方法でしょう。

年号は統一して使用
履歴書には年号を書く欄がいくつかあります。
基本的に、西暦でも元号でも、どちらで書いても問題はありません。
ただし、一枚の履歴書の中では西暦か元号のどちらかに統一して下さい。

空欄をつくらない
基本、履歴書の項目はすべて、必須事項と考えた方がよいです。
空欄は作らず、必ず全て記入するように心掛けて下さい。
なお、「その他連絡先」や「その他特記事項」などは、人によっては特に書くことがない場合があるでしょう。
そのときは、「特になし」という一言を書き込んでおきましょう。

相手が理解しやすいように記載
履歴書を受け取る相手は、あなたのことをまだよく知りません。
なので、わかりやすい言葉で詳しく丁寧に説明することを心がけましょう。
間違っても相手が不快になるような言葉遣いは使わないように細心の注意が必要です。
自信がない人は、書き終わった後、家族や友達に確認してもらうと良いでしょう。


>> 履歴書の書き方


当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。