効率よく転職先の病院を探す方法

■効率よく転職先の病院を探す方法 あなたはどうやって求人を探そうと思っていますか?
病院や施設に限らず求人情報を探す方法は、大きく分けて2通りあります。

それは「自分で探す」「誰かに紹介してもらう」の2通りです。
下記を参考にして自分にあった転職方法を見つけて下さい。

≪自分で探す場合≫
ナース土日休み・日勤常勤で働く ハローワーク 転職する時に、まずハローワークをイメージする人は、かなり多くいるのではないかと思います。
事実、たくさんの人が利用を検討し、実際に多くの人が利用しています。
ハローワークに備え付けのパソコンや求人票から、求人情報を自由に見ることができます。
国が運営する公共サービスのため、人によっては、向き・不向きがあるかもしれません。
無料で利用出来ますので、上手く活用するとよいでしょう。
            
インターネットを利用 GoogleやYahoo!で求人している病院を検索して、病院を探すシンプルな方法になります。
多くの情報を集めることが出来ますが、反面、情報量が膨大すぎて選り分けしにくいのが難点になります。
求人サイト・転職サイト インターネットの求人(転職)サイトを利用して求人を自分で探す方法になります。
雑誌や新聞の求人情報よりも多くの求人情報を網羅し、場所や業務といった条件でも検索できます。
ただし、サイトによって情報量やサービスの質などに、かなりばらつきがあるのが注意点です。
情報誌・新聞の求人広告 医療系や看護師向けの情報誌や新聞(折り込みの求人チラシ)にも、求人情報が掲載されています。
求人・転職サイトに比べると情報量がかなり少なく、また購入にお金が掛かるのが最大のネックになります。
                    ≪探してもらう・紹介してもらう場合≫
ナースバンク(ナースセンター) 看護協会が運営する看護師専門の職業紹介所です。
各都道府県にある事業所で登録を行うことで、求人を紹介(紹介状発行)してもらえます。
看護職経験のある相談員への転職相談や看護研修(有料)が利用できるのは良いのですが、
昼から夕方までと利用時間が限られていたり、数日間の待ち時間が発生する場合があったりするところが
最大の難点です。

友達や知人の紹介 知り合いの紹介(ツテ・コネ)は、良いところもありますが、同時にトラブルの多い方法でもあります。
入職先が自分のイメージと違っていたり、人間関係などに問題があっても紹介者に気を遣ってしまい
断りづらくなったり、辞めづらくなるのが最大の難点です。以上のことから、
友人・知人の紹介は、どうしても他に探す手段がない時の最後の手段と思ったほうがよいでしょう。
求人紹介会社 企業が厚生労働大臣の許可を得て運営する紹介サービスです。
プロのキャリアコンサルタントが転職の相談に乗ってくれたり、希望の求人を探して(紹介して)くれます。
自分自身で看護師求人サイトを検索することができるため、希望の求人を見つける可能性が広がります。
当サイトでご紹介しているのがこの転職方法になります。
                    
■どの方法を使うかはその人の好みですが、
最近は求人紹介会社やインターネットを利用する方が多くなっているようです。



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。