転職サイトのデメリット

■転職サイトのデメリット 転職支援会社を利用して転職活動をした場合、
様々なメリットを受けることが出来ますが当然ながら、
メリットばかりではなくデメリットも存在しています。

ここでは転職支援会社を利用する上でのデメリットについてご紹介致します。
ぜひ参考にしてください。

紹介手数料がネックになる

転職支援会社を通じて看護師を採用する場合、病院や医療施設は転職支援会社に対して紹介手数料が発生します。
この紹介手数料がネックとなり、病院や医療施設によってはハローワークなど無料で採用できる媒体を通じて
応募してきた転職希望者を優先して採用する場合があり、採用のハードルが高くなることもあります。
転職支援会社を利用すると場合によっては、採用ハードルが高くなっている可能性もあるという点は
しっかり認識しておきましょう。

担当アドバイザーのサービスが一定していない 転職支援会社に登録すると、担当のアドバイザーから連絡が来ます。
基本的に、その後の転職活動の相談や面接日程調整などなやり取りは、
そのキャリアアドバイザーを通じて行うことになります。

アドバイザーも人間ですから、どうしても担当する人によってサービスの質が残念ながら一定していません。
経験豊富で優秀なアドバイザーであれば、こちらの意図を汲んで希望に沿った求人をすばやく紹介してくれますが、
経験が浅いアドバイザーだったり、あなたとの相性があわないアドバイザーになってしまう場合も考えられます。

アドバイザーとの相性が合わないと、転職活動を進めていく上で信頼関係を築くことが難しくなってしまいます。
基本的にどの転職支援会社もアドバイザーの変更を受け付けていますので、
もし担当者の方と相性が合わないと感じたら、遠慮せずに担当者を変更してもらうようにお願いしてみてください。

また複数の転職支援会社に登録して、それぞれの会社のアドバイザーとやりとりしながら
自分と相性のよい担当者に相談相手を絞り込んで転職活動を進めていくのもよい方法だと思います。

転職支援会社によっては頻繁に電話がかかってくることも ここでご紹介している転職支援会社は看護師の転職支援実績も豊富で信頼できる
転職支援会社をご紹介していますが、中にはサービスのよくない転職支援会社も事実存在しています。

例えば、転職支援会社の中には、会員登録をすると何度もしつこく連絡をしてくる会社も存在しています。
勤務中に何度もしつこく電話をされるのは大変迷惑に感じる方がほとんどだと思います。

こうしたしつこい対応を防ぐためには、会員登録時に電話での対応がしやすい時間帯を事前に伝えたり、
基本的にメールでの連絡をメインにするようにお願いしておくことも有効です。

あまりにもしつこく連絡が来きたり、強引に面接をセッティングされたり、
無理に入職を進められるようなことがあれば、その会社への相談はやめましょう。

「看護のお仕事」は、「無理やり転職をすすめない」というスタンスを
大事にした転職サポートをしていますのでとても安心です。

看護師の立場に立って良心的な対応をしてくれる転職支援会社は存在していますので、
少しでも担当者の対応に違和感を感じたら相談するのはやめましょう。



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。