退職願と退職届違い

■ 退職願と退職届の違い 退職願は職員(看護師)が病院に対して、自分と病院の意思を持って
退職することを認めてほしいというものになります。
退職届は病院の意思など関係なく自分の都合のみで
退職したいと申し出る物になります。
円満退職を考える上で、当たり前ですが「退職願」を提出することをお勧めします
退職願 退職願の提出相手は、基本的には直属の上司に提出することになります。
直属の上司がいる中で、いきなり部長クラスなどに提出をしてしまうと、直属の上司の管理不足を
問われるケースがありますので、なるべく直属の上司に提出するようにしましょう。

 就業規則のチェックを必ず事前に確認するようにしましょう。
 「退職願」は入職や退職に対して責任がある人が受理することで効力を発揮します。
 「退職届」は病院側に提出した時点で効力が発生します。(撤回ができません)
退職願の提出するタイミングについて 退職届は一度提出すると通常取り消しが出来ないものとされています。
受理された段階で取り消しは出来ないものと考えましょう。

一番良い退職願のタイミングは、内定先の病院から内定書が届き、
入職前の健康診断チェックが終了した段階で行うことが
ベストなタイミングだと思います。

出来る限り転職先の内定がある状態で行うことがベストだと思います。
提出のタイミングは焦らずに、次の勤務先の内定が決まってからにしましょう。



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。