雇用形態

■ 雇用形態 看護師資格を持っていれば専門性を活かして様々な働き方を
することができます。
収入重視で常勤夜勤で働くという選択肢もあれば育児・家事などと両立する
ために、日勤のみや非常勤など、ゆとりを持って働くという選択肢もあります。

資格さえあれば、ライフスタイルに合わせて自分の都合を優先した働き方ができる点は
看護師の最大の特権だと言えるかもしれません。

≪雇用形態別にポイント≫
ここでは、様々な働き方、雇用形態別にポイントやメリット、デメリットなどについてご紹介しています。
自分では考えもしなかった新しい選択肢が見つかる可能性もありますので、
働き方や雇用形態について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。
≪常勤(夜勤あり)≫
夜勤ができる常勤看護師は、病院や施設から最も強く求められている看護師でもありますので、
求人数も多く、強い採用ニーズがあります。選択肢は多いものの、病院によっては看護師不足により
一人一人に過剰な負担がかかっている職場も存在していますので、慎重な転職が必要です。
≪常勤(日勤のみ)≫
日勤のみの常勤として働く場合、病院だけではなくクリニックや介護施設、
訪問看護ステーションなど様々な選択肢があります。
ただし、日勤のほうが夜勤よりも楽かというと必ずしもそうとは言えないケースもあるようですので、
自分に合った働き方かどうかを見極める必要があります。
≪夜勤専従≫
夜勤のみの出勤となる夜勤専従看護師は、深夜勤務手当がつくため
短時間で効率的に収入を稼ぐ上ではとても魅力的です。
ただし、職場の人数が少ない、急変時の対応、休憩・仮眠がとれない職場もあるなど
夜勤専従ならではの難しさもありますので、慎重な検討が必要です。
≪非常勤(パート・アルバイト)≫
常勤の正職員ではなく、パート・アルバイトの非常勤職員として時給制で働くスタイルは、
結婚や出産後の看護師の方からも人気があります。
病院だけではなくクリニックや介護施設など様々な選択肢がありますが、
非常勤の求人に強い看護師転職支援会社に相談するのがおすすめです。
≪派遣≫
看護師資格を活かして、派遣社員として働くという道もあります。
派遣の場合、病院やクリニックなどの派遣先はもちろん、長期派遣、短期派遣、スポットなど
働き方も柔軟に選べるので魅力的です。派遣社員は直接雇用ではないので、仕組みをしっかりと理解しましょう。
≪短期・単発アルバイト≫
看護師資格を持っていれば、専門性を活かして短期・単発の派遣やアルバイトをすることも可能です。
ツアーナースや健診ナースなど、短時間で高時給の案件が多いため、主婦ナースの方からも人気の仕事です。
お小遣い稼ぎや離職期間中のつなぎとして活用しましょう。



当サイト人気TOP3の看護師転職サイトをご紹介します。
いずれも業界大手の優良転職サイトばかりです。ぜひ参考にしてください。

                                          

ナース人材バンク

ナースではたらこは

ナースフル

紹介実績No,1!
年間10万人以上が利用
ナース人材バンクで安心の仕事探し
顧客満足度調査(楽天リサーチ)
3年連続でNo,1!
転職成功で最大10万円支給!
リクルートグループ
看護師専門無料サポートサービス!
「優良な非公開求人」が豊富

※ランキングは当サイト独自の基準に基づく評価です。